第一印象が明暗を分ける

職場でも学校でも、よい人間関係を築くためにははじめて会う場面での印象が重要👍

【スリーセット理論】

相手に対する印象は初対面から3回目に会うまでのうちに

ほぼ固定化される

※一度固定化した印象はそう簡単にはくつがえらない

スリーセット理論をベースに

印象が固定化されるまでのプロセスを見てみよう⭐

1.第一印象を形成

外見・しぐさ・表情・話す内容などからまず第一印象が決まる

Aさん『はじめまして』

Bさん(ほがらかでいい人そうだなぁ)

Cさん(少し暗い感じがするなぁ・・・)

2.印象を再判定

第一印象というフィルターを通して相手を見ている

Aさん『私はこう思います!』

Bさん(自分を持ってる人だな)

Cさん(頑固で融通が利かなそう)

3.印象を確認

これまでの印象を固定化する。以降、印象をくつがえすのは難しくなる

Aさん(無言)

Bさん(ニコニコしててやっぱりいい人だ)

Cさん(喋らないし暗いし頑固だしなんだか苦手・・・)

相手に対して

【いい人そうだ】という好印象を抱けば

警戒心なくリラックスして接することができる😊

↓↓↓

相手も警戒心が解けて好印象を抱き、よい反応を返す

つまり

どちらかが近寄りがたい外見をしていたり

よくない態度をとったりすると、互いに良い印象を持ちづらくなる💦

マスクで顔が半分隠れていても

優しい話し方や目尻が下がる微笑み方をすれば

話しやすい印象を与えられますよ✨

前の記事

お疲れサインに要注意