頼み事をする時のコツ

『現実的ではない大きな要求を提示し、相手に断られたら要求のハードルを下げる』

どーゆーこと???

例えば後輩に

「会議の書類を3日以内に揃えてほしい」と頼んでみよう!

もし難しい顔をされたら

「1週間あればどうかな?」と妥協案を提示する。

すると

はじめから「1週間で」と頼むよりも要求をのんでくれる可能性が高くなる😊

最初の条件よりマシだと感じるうえ、

相手が譲ってくれたから自分も譲らないと!

という心理が働く👍

他にもOKされやすい頼み方として

理由を添えるという方法がある❗

【実験】コピーをとっている人たちにコピー機を使わせてもらえるよう、3通りの頼み方をした

A. 先にコピーを取らせてください

B. 急いでいるので先にコピーを取らせてください

C. コピーをとらなければいけないので先にコピーを取らせてください

【結果】OKをもらった率は

A. 60%

B. 94%

C. 93%

これはカチッサー効果と呼ばれる理論⭐

添える理由はほとんど意味のないもので構わない。

頼み事をする時は「〇〇して」ではなく

理由を添えることを意識してみてね😘

前の記事

セルフケアについて②