叱り方にもコツがある

仕事の現場では、限られた時間内に成果をあげることが求められます。

後輩や部下を叱ったり、ミスを指摘したりしなければならない場面も多く出てくることでしょう😫

そんなとき、相手に怒りや不満をぶちまけるのは

単に【キレた】だけで生産性のない行為で、相手に真意は伝わりません。

効果的に叱るためには相手の意欲を削いでしまわない配慮が大切です🍀

【相手の心に届く叱り方のマナー】

①すぐ叱る

あとになればなるほど叱る効果が薄れる。「そういえばあの時・・・」と叱られてもしっくりこない。

②短く叱る

5分以内くらいが目安。

長くなると説教じみてしまい、相手はうんざりする可能性大!

③みんなの前で叱らない

相手に恥をかかせない気配りは大事。

部下は「自分のことを思って叱ってくれている」と感じるはず!

④同じ目線で叱る

お互いに座っているなど、目線の高さを同じくして話すのは

部下を自分と同格に見て尊重している証拠。

⑤プラスの言葉を取り入れる

「ほめる→叱る→ほめる」のようにプラスの言葉で包むことで

相手も前向きに話を受ける余裕が出来る。

また、些細なミスでも部下を罵倒したり暴言を吐いたりする上司も!

そのような上司は、

自分に自信がなく、コンプレックスを抱えており、部下を罵倒することで自分の精神の安定を図っている💦

この場合、あまり深刻に受け止めず、ある程度聞き流しましょう✨

相手のことを思った伝え方が大切

前の記事

部下になぜか強く言えない

次の記事

自己肯定感を高める方法